レーザーを使った手術・PLDD法

レーザーを使った手術・PLDD法

近年注目を集めているのがレーザーによる椎間板ヘルニアの手術です。別名で経皮的髄核減圧手術といいます。髄核にレーザーを照射し、ヘルニア部分の髄核を引き戻すPLDD法と、ヘルニア部を直接レーザーで除去するPELD法、PECD法などがあります。手術といってもレーザー照射用の小さな穴をあけるだけで済むため、体への負担も小さく短時間(30分程度)で終わること、日帰りで受けられることなどから注目を集めています。しかし、保険適用外のため高額の費用がかかることがあります。
PLDD法の仕組みを最初のクッションの例でお話します。骨と骨の間にあるクッションの中の綿を少し減らすとクッションはしぼみます。しぼませて、はみ出た部分を骨の列の中に引き戻すのです。はみ出た部分(=ヘルニア)に直接レーザーを照射するわけではないのが特徴です。そのため、ヘルニアそのものを切除する方法と違い、効果があらわれない場合もあるということです。また、髄核が飛び出たタイプのヘルニア(=中の綿がはみ出ているクッションと考えてください。いくら中の綿を減らしてもはみ出た綿は内には戻りません)に対しても効果は見込めません。
3つの術式ともに、手術を受けられる病院は限られていますので、受けたい場合は下調べが必要です。