手術の際の病院の選び方

手術の際の病院の選び方

椎間板ヘルニアの手術を受ける際に、重視したいのは過去の手術件数です。件数が多い病院は、それだけ経験が蓄積されているため技術も高く優秀な医師がいると考えられます。ただし、ただ椎間板ヘルニアの手術件数だけを確認するのではなく、自分が受けたいと思っている手術方法の件数が多いかどうかを良く確認してください。特にレーザー治療や内視鏡手術などの場合、熟達した医師はそれほど多いとはいえません。違う術式での件数が多いのも経験として頼もしくはありますが肝心の術式に関して不安が残るようであれば、あまり意味がありません。
内視鏡手術に関していえば、日本整形外科学会で導入されている脊椎内視鏡下手術・技術認定制度が参考になりそうです。この資格をとるには、一定の条件を満たす必要があり、しかも認定基準も大変厳しいものとなっています。そのため、この認定資格を持つ医師であれば技術的に優れていると考えて差し支えなさそうです。腰椎の椎間板ヘルニアでは内視鏡手術が行われますが、頚椎の椎間板ヘルニアではあまり一般的ではないようです。頚椎ヘルニアには、のどを切開して行う頚椎前方除圧固定術という術式がとられることが多いようです。