頚椎の椎間板ヘルニアの手術

頚椎の椎間板ヘルニアの手術

頚椎の椎間板ヘルニアの場合も、手術に踏み切るのは相当な重症の場合です。頚椎の場合でも、腰椎の椎間板ヘルニアと同じようにレーザーによる手術が受けられます。レーザー治療は負担が少ないので頚椎の手術としては比較的安心して受けられる手術です。しかし施術している病院は多くはないので、近くにない場合もあります。こちらも保険適用外になります。
レーザー以外の頚椎ヘルニアの手術には前方除圧固定術と後方除圧固定術があります。●前方除圧固定術:のど側から施術します。のどを切開し、頚椎のヘルニアを切除します。切除した椎間板のかわりに患者さん自身の骨や人工骨などで隙間を埋めます。固定のために金属制のプレートを埋め込む場合もあります。手術には2~3時間を要し、10~20日程度入院が必要です。●後方除圧固定式:後ろからアプローチする方法です。椎間板を削るのではなく、椎弓を切り開いて神経の通り道を広げ、圧迫をなくす方法です。椎弓形成術ともいわれます。椎弓は脊柱管の後ろ側にあり、その中を神経が通っています。この手術は、圧迫が広範囲にわたっていたり、脊柱狭窄などの場合に行われることが多く、椎間板ヘルニアの場合は前方からの手術が多いようです。