痛みをやわらげるための体操

痛みをやわらげるための体操

腰椎の椎間板ヘルニアになってしまったら再発を防止するためにも腹筋・背筋を鍛えましょう。鍛えることで筋肉が自前のコルセットの役割を果たしてくれるようになります。ただ、筋肉を鍛えるのも無理は禁物です。痛みを感じたらすぐに中止して様子をみてください。痛みがない状態でしたら、普通に腹筋運動、背筋運動を行ってください。大事なのは両方の筋肉を均等に鍛えること。どちらかを鍛え過ぎて不均衡になると、そちらに背骨が引っ張られ余計な負荷がかかってしまいます。無理のない範囲で、継続して鍛え続けることが大事です。
腹筋・背筋に加え、腹横筋、いわゆるインナーマッスルも鍛えましょう。この筋肉を鍛えると、肋骨を締め腹圧を下げることで腰椎の負荷を減らします。真っすぐな腹筋運動にひねりを加えることで鍛えることができます。
また全身の筋肉をバランスよく使うこともこころがけるようにしてください。そのためにはウォーキングなどを採り入れてみてください。ただ歩くだけではなく、正しい姿勢で歩くことを心がけるようにしましょう。水の中を歩くウォーターエクササイズなども、浮力によって腰にかかる負荷は減るのに水の抵抗によって全身に筋肉が鍛えられるため、理想的な体操といえます。