椎間板ヘルニアの薬・サプリメント

椎間板ヘルニアの薬・サプリメント

椎間板ヘルニアになった際に処方される薬には内服薬と外用薬があります。痛みが激しい急性期には、湿布などの外用薬が処方されます。内服薬では、痛み止めや筋弛緩剤、抗炎症剤などが処方されます。薬で治る種類の疾患ではありませんので、いずれも炎症が起きている急性期など一時的なものとなります。痛みが激しい時には痛み止めに座薬が用いられることもあります。継続的な薬としては、関節に良いとされるビタミンB12が処方されることがあります。
薬よりも継続的に飲み続けたいのが、サプリメントです。椎間板ヘルニアに良いサプリメントは、グルコサミン、コンドロイチン、MSM、コラーゲン、ヒアルロン酸などです。グルコサミンとコンドロイチンは軟骨の生成を促進してくれます。MSMは弾力に富んだ軟骨を形成する成分で、グルコサミン・コンドロイチンと一緒に摂取することで、その2つの成分をパワーアップさせる働きがあります。コラーゲン、ヒアルロン酸は細胞に水分を保持し、潤いと柔軟性を保つ成分です。
それぞれの成分のサプリを別に摂るのは大変です。上記の5つが含まれているサプリメントもありますので、探してみてください。すぐに効果が出るわけではないので気長に飲み続けることが大事です。