痛みをやわらげるための補助アイテム

痛みをやわらげるための補助アイテム

頚椎の椎間板ヘルニアになった際、首の安静を保ち痛みを緩和するために巻くのが頚椎カラーです。高さや硬さなどさまざまな種類がありますので、自分に合ったものを選ぶようにしてください。カラーを巻いていると、首は楽になりますが確実に筋力が衰えますのであまり頼りすぎないように注意しましょう。
腰椎の椎間板ヘルニアの補助アイテムには、コルセットやベルトがあります。ベルトは骨盤ベルトや腰痛ベルトの名称で市販されています。幅広で腰に巻いて使用します。骨盤を引き締め内側からも背骨を支えます。巻き続けていると血行が阻害され、かえって筋肉の緊張をまねくおそれもあります。痛みがひどい時や重いものを持たなくてはならない時など、使用時を限定して使うようにしてください。1本のシンプルなものから2本のベルトで骨盤から股関節までしっかりホールドするタイプもありますので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。いずれにせよ通気性の良いものを選んでください。
コルセットは整形外科などでオーダーして作ることができます。採寸して自分の体型に合わせたものを作ってもらえるので、症状が酷い人は検討してみても良いかもしれません。お値段は少々高いようですが、保険がつかえます。