椎間板ヘルニアを予防するための枕・寝具選び

椎間板ヘルニアを予防するための枕・寝具選び

椎間板ヘルニアになったら、普段の生活でも正しい姿勢を保つよう心掛けることが大切です。寝る時も、適正な硬さの寝具や自分に合った高さの枕を使って姿勢良く眠れるようにしましょう。
痛みが激しい急性期には、寝る時もできるだけ痛みを感じない楽な姿勢で寝てください。一般的には横向きで背中をエビのように丸めた体勢が楽だといわれています。痛みが慢性化してきて、激しい痛みがなくなってきたら背骨をS字に保つような寝方を心がけてください。できれば、横向きやうつぶせ寝ではなく仰向けに寝るようにしましょう。腰が沈むほど柔らかい寝具はさけてください。仰向けに寝た時に、腰の下に手をやって少し隙間があるくらいが理想的です。枕が高すぎると頚椎が不自然な形に曲がってしまい首に負担がかかってしまいます。自分に合った高さの枕を使うようにしてください。
また、寝具ではありませんが靴や洋服なども体に合わせたサイズのものを選ぶようにしてください。特に靴などは、足に合わないものを履き続けると、無意識に姿勢が歪んでいきます。女性の場合は、ヒールの高い靴などもできるだけ控えるようにしてください。洋服もサイズ違いを無理に着ることで筋肉に負荷がかかっています。