原因となる食生活・生活習慣

原因となる食生活・生活習慣

ムチ打ちなど突然の外的要因でなってしまうヘルニアをのぞき、椎間板ヘルニアは普段の生活態度である程度予防することは可能です。腰椎の椎間板ヘルニアは、自重が負担となっているために起こります。食生活や生活習慣を改善し、適切な体重を保つようにするのも、立派な予防策の一つです。
また、食事でも椎間板に良い栄養素を摂るようにこころがけたいものです。椎間板は軟骨の一種で、コラーゲン・ヒアルロン酸・コンドロイチンなどが主成分です。これらの栄養素は、コラーゲンは豚足や鶏皮、牛筋、ゼリーなど、ヒアルロン酸は海藻、うなぎ、鶏軟骨、鮫軟骨など、コンドロイチンは納豆や海藻・山芋など粘り気のあるものに含まれています。また、骨粗しょう症などで椎間板がつぶれてしまう事態になることもあります。カルシウムは乳製品や小魚、殻ごと食べられるエビなどに多く含まれています。ただし、栄養素を食べてもそれが直接椎間板に供給されるわけではありません。あくまで予防の一つとして考えてください。
それから、姿勢を正しく保つのも椎間板ヘルニアの予防には効果的です。重い荷物を持たないようにする、椅子に座ったまま足元のものを取らない、長時間同じ体勢でいない、前かがみのまま掃除機をかけない、など日常のちょっとした動作でも心がけて実行してみてください。