むち打ちと頸椎椎間板ヘルニアの関係

むち打ちと頸椎椎間板ヘルニアの関係

交通事故やスポーツなどで強い衝撃を受け、頸部になんらかの損傷を与えられた状態が一般的にいわれているむち打ちです。頚椎捻挫ともいい、簡単にいうと首のねんざです。その場では痛みも外傷もないのですが時間を経てから症状があらわれることが多いので、首に強い衝撃を受けた場合はすぐに病院などを受診するようにしてください。痛みを感じても自分で首をもんだりはしないようにしましょう。痛む箇所が熱を帯びているようなら炎症を起こしているので、冷湿布で冷やします。2週間以上経っても症状が軽くならない場合や、頭痛や吐き気、めまいなどを感じたら必ずレントゲンなどで骨に異常がないかを確認した方が良いでしょう。強い衝撃によって、頸部の椎間板ヘルニアを発症している場合もあります。この場合、レントゲン写真だけでは判断がつけにくいためMRI検査も受けておくとより安心です。
他にも椎間板ヘルニアによく似た症状の疾患として、頚椎の一部が変形してしまい神経を圧迫する変形性頚椎症や、頚椎の後ろにある靭帯が硬くなり神経を圧迫する頸椎後縦靱帯骨化症などがあります。
また、日常的な症状で俗にいう『寝違え』があります。朝起きた時に首が動かなくなっていたら、無理に動かさずに痛む箇所を冷やしてあげましょう。これも長引くようなら病院を受診してください。