「椎間板ヘルニア」治療と対策

「椎間板ヘルニア」治療と対策

椎間板ヘルニアを治療するには、保守的療法と手術療法の2種類が一般的です。保守的療法は”膨隆型”に対して行われ、9割ほどはこれで治るそうです。まず、痛みの強い最初の1~2週間はやや硬めの寝具を使って安静すると、痛みが減っていきます。さらに、鎮静剤や消炎剤などを使用して急性期の痛みを和らげます。

もし痛みが軽減すると、次は温熱療法です。極超短波とホットパック療法を使用して行います。さらに症状がよくなれば、軟性のコルセットを2~3か月間着用します。もっと症状がよくなってきたら、弱った筋肉を強化するために腹筋や腰背筋運動をして筋力をアップさせていきます。

ただ、以上の治療法で効果が得られないことも。椎間板ヘルニアの”脱出型”では、手術しか方法はほぼありません。すぐ病院を受診するのをお勧めします。腰痛や坐骨神経痛のみならず、下肢に放散痛を感じるなどしたら急ぎましょう。

椎間板ヘルニアは、日頃から正しい姿勢を心掛けることが大事。予防対策の1つが、太りすぎないこと。肥満は体のいろいろな所に負担をかけるので、標準体重が理想的。また、長時間同じ姿勢や中腰は避け、時々、背筋を伸ばしたり身体を動かしたりすること。そして、寝具は少し硬めがよく、寝転びながら本を読んだりゲームをしたりするのは厳禁です。胡坐をかいて座るのもご法度、骨盤に悪い影響を与えます。

日頃から軽い運動、女性はなるべく高いヒールの靴をはかないなども効果的です。