椎間板ヘルニアに「マッケンジー体操」

椎間板ヘルニアに「マッケンジー体操」

マッケンジー体操をご存知でしょうか。最近、腰痛の解消に効果があると言われて注目を集めています。マッケンジー体操は、ニュージランド人理学療法士のロビン・マッケンジー氏が考案した腰痛体操のことです。その特徴は、誰でも自宅ででき、しかも無料で、特別な道具などはいりません。特に、椎間板ヘルニアにマッケンジー体操がとても効果を発揮するそうです。もし、マッケンジー体操を行うと足腰の痛みやしびれが軽くなり、椎間板ヘルニアが手術なしで治った、腰の痛みを感じなくなったという声も聞かれます。

そもそもマッケンジー体操は、腰を後ろに反らす”後屈体操”を行うことで腰痛を治していきます。この後屈体操はまだ日本の医学界では受け入れられていないのが現状。ただだんだん民間を中心に口コミで広がり、取り入れ始めた病院も増えつつあるようです。

マッケンジー体操は、腰痛の根本原因を的確に突いている体操です。ほとんどの腰痛は、背骨の腰の部分にあたる腰椎が前方に弓状にカーブしている前弯が消失することが原因です。マッケンジー体操は、腰を後ろに反らすことで、腰椎前弯を取り戻すことがが目的です。ぜひトライしてみてください。