右側腰痛と椎間板ヘルニア

右側腰痛と椎間板ヘルニア

腰痛持ちの人で、たまに右側の腰だけすごく痛い症状の人がいます。片側だけの腰が痛いというのは珍しくなく、左側の腰だけ痛い人もいるでしょう。

もし、右側の腰だけが痛いと、右側腰痛という言葉がメジャーです。この右側腰痛の原因は、椎間板ヘルニアをはじめ、坐骨神経痛、背骨の歪み、脊柱管狭窄、骨粗鬆症などが考えられます。

そもそもなぜ右側の腰が痛くなるのかというと、片方の神経が圧迫されているからです。椎間板ヘルニアの場合、”髄核”が飛び出す方向によって圧迫される神経の場所が違うのが特徴で、坐骨神経痛の場合も同じです。

万が一、右側の腰だけ痛い症状が出たら、まずできることは、座った時の姿勢に気をつけてみましょう。そして入浴の際、腰を十分に温めること。ただし、ぎっくり腰の場合は絶対に腰を温めてはいけません。とにかく冷やすぎっくり腰の治療では逆効果です。

何度も言いますが、左右の腰どちらかが痛いという症状は本当に珍しくもなんともありません。あまりに痛みが激しいならすぐに病院へ、それほど痛みが激しくないならあまり心配しすぎないこと。そして、自分のラクな姿勢で安静にしてください。