椎間板ヘルニア、腰痛、足のしびれ

椎間板ヘルニア、腰痛、足のしびれ

腰痛が起こると、腰がだるくなるのとともに、足のしびれが起こることもあります。もし、あまりにも腰が痛い、足もしびれているような症状が見られたら、椎間板ヘルニアやぎっくり腰の可能性があります。すぐに病院に行きましょう。さらに、変形性脊椎症などが原因の場合も考えられますし、腫瘍ができている場合にも、手足のしびれを感じることがあるので要注意。

椎間板ヘルニアやぎっくり腰になると、通常、激しい痛みを伴います。さらに足もしびれるので、病院に行った際、医師に症状をすべて相談してみましょう。一方、変形性脊椎症や脊柱管狭窄症の場合、椎間板ヘルニアのような激痛がないのが特徴で、なかなか自覚症状がないこともあります。

さらに、もし腰に腫瘍や血腫ができると、腫瘍や血腫が存在することで神経が刺激され、しびれなどの知覚異常が起こります。特に最近、高齢者を中心にして脊柱管狭窄症の人も増えつつあります。この脊柱管とは背骨を通って神経を囲んでいる管で、脊柱管が細くなって神経を圧迫することで、足のしびれや痛みなどの症状が出ます。

とにかく腰の痛みに応じて病院に行き、様子を見ながら医師の診断を待って指示に従うことが一番です。