マッケンジー法で椎間板ヘルニアを治す

マッケンジー法で椎間板ヘルニアを治す

椎間板ヘルニアの治療法として最近、注目を集めているのが「マッケンジー法」です。このマッケンジー法とは、ニュージーランドの理学療法士、ロビン・マッケンジー氏が考案した腰痛を治療する方法です。

実は1つエピソードがあって、マッケンジー氏が患者に誤った治療法を指導したところ、信じられないほど腰痛が回復したそうです。そしてこの方法を研究した後、実際の治療に使われはじめたとのこと。

日本での腰痛治療で、マッケンジー法はまだ確立しているとは言い難い状況です。ただ一方、アメリカやイギリスなどではすでにポピュラーな腰痛治療方法として定着しつつあります。

なぜ日本で確立されていないかというと、マッケンジー法の効果と理由が立証できないからだとか。しかし、椎間板ヘルニアをはじめ、腰痛に悩む人が一気に痛みが解消した実績もあり、マッケンジー法は口コミで広がりつつあります。

もし椎間板ヘルニアなど診断内容がはっきりした腰痛の場合、マッケンジー法が向いているかもしれません。さらに非特異的症状の腰痛、要するに、何が原因で腰痛になっているかわからない症状に対してもっと大きな効果が見られるようです。逆に、椎間板ヘルニアと診断されるほど椎間板が突出している場合、マッケンジー法を行うとさらに椎間板が出る可能性もあるので、その辺りは医師と相談しながら行う必要があります。