椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の共通点

椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の共通点

腰痛の症状はいろいろありますが、その中でも椎間板ヘルニアと坐骨神経痛は似ている点があります。たとえば、左側もしくは右側だけの腰痛が起こる点です。

腰痛は全体的に痛くなることもあれば、部分的に痛い腰痛もあります。椎間板ヘルニアと坐骨神経痛は部分的に痛くなる腰痛です。おしりの奥にある梨状筋を通る坐骨神経が圧迫されると腰痛になります。とても多い腰痛の1つです。そして椎間板ヘルニアでもこの坐骨神経痛を併発することが時々あるので注意が必要です。

椎間板ヘルニアは、足のしびれや、仰向けに寝て足をまっすぐに上げられないなどの症状が見られます。これも、坐骨神経痛と共通しています。いずれかを発症している場合も、併発している場合も、医師の診断を受けてその指示に従った方がいいのは言うまでもありません。

この椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の治療では、まず安静にすることが大事です。そして、痛みが引いてきたら、整体やカイロプラティックなどでマッサージ、鍼灸などを受けるのも腰痛には効果があります。椎間板ヘルニアと坐骨神経痛、くれぐれも甘く見ないようにしましょう。