右側腰痛から椎間板ヘルニアへ

右側腰痛から椎間板ヘルニアへ

腰痛には、腰の片側だけが痛い症状もあります。もし右側だけ痛かったら、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、背骨の歪み、脊柱管狭窄、骨粗鬆症などかもしれません。

片側だけ腰が痛くなる原因は、片方の神経のみが圧迫されているからです。特に、椎間板ヘルニアなどの場合、髄核が飛び出す方向によって圧迫される神経の場所が違うのも特徴です。

もしも右側だけの腰痛になったら、まずは座った時の姿勢をできるだけ気をつけてみましょう。また、左右どちらかに傾いて座らないこと、足を組んで座らないことも大切です。

また、入浴時に痛い腰を温めるのも効果的です。ただし、ぎっくり腰だと温めては絶対にいけません。

右側だけ痛い症状は、腰に関して珍しいことはありません。逆に、左側の腰だけが痛い症状もあり、いずれも原因が異なります。もし痛みが激しくない時は心配し過ぎずに安静にするのが一番。一方、腰が我慢できないほど痛い時はすぐに病院に行き、医師らの診断を受けてその指示に従いましょう。右側だけ痛いからといって、腰痛を軽く見過ぎてはいけません。