椎間板ヘルニア 病院選びの”基本”

椎間板ヘルニア 病院選びの”基本”

椎間板ヘルニアは腰痛の中で最も多い症状。しかも、手術しないと治らないことも多いです。椎間板ヘルニアになったらどの病院を選べばいいか、まずは「手術件数」が多い病院が基本といえそうです。

病院を選ぶ目安は、まず重視するのが手術件数です。手術数が多い病院は技術が高くて優れた病院である可能性が高いと判断できるからです。ただ、手術方法にはくれぐれも注意。手術数が多い病院がすべて「最小侵襲手術」を行っているというわけではないからです。ので、全体の手術件数が多い病院より、最小侵襲手術の件数が多い病院を重視したほうがいいでしょう。

たとえば、2010年12月5日付「読売新聞」に「主な医療機関の腰と肩の手術件数」が掲載されていて、低侵襲手術(内視鏡または顕微鏡手術)の件数が多い病院が載っていました。

このアンケート調査は2010年9月、読売新聞が日本脊椎脊髄病学会・日本脊髄外科学会の認定専門医が所属する944施設に対して行い、回答があった484施設(51%)を掲載したもの。特に、腰椎椎間板ヘルニアだと、手術を行った471施設の中で345施設(73%)において低侵襲手術が実施されており、内視鏡使用施設が186施設、顕微鏡使用施設が251施設(重複あり)であることがわかりました。

以上のデータは、読売新聞が運営する医療・介護・健康情報の総合サイト「yomiDr.(ヨミドクター)」で確認できます。