椎間板ヘルニアの主な治療法

椎間板ヘルニアの主な治療法

腰痛で最も多い症状の1つが腰椎椎間板ヘルニアです。この椎間板ヘルニアの治療は、大きく分けて「保存療法」と「手術」の2種類です。すべてのヘルニアで手術が必要なわけではなく、通常、保存療法が選択されることがほとんどです。ただ、手術がすぐに必要なのは、排尿障害が現れた場合、重度の下半身のマヒが現れた場合、持続的な強い痛みが現れた場合などです。

そもそも保存療法とは、手術以外の方法で症状を緩和する療法。まずは安静にすることが大事です。椎間板に負担を掛けないラクな姿勢で安静すると炎症が治まって痛みが軽減されるでしょう。 それでも改善されないなら、コルセット、ブロック注射、温熱療法、低周波治療などを行って経過観察します。する必要があります。

椎間板ヘルニアの治療場所は、まず「整形外科」をイメージするはず。治療には保険が適用されるので価格的にも安心です。また「整体」では、人間の関節のズレや歪みを矯正によって症状の改善を図ります。ただ保険適用外なので治療費用は整形外科に比べると高額になるのがデメリット。一方「鍼灸院」は、カラダの特定の部位に針や灸を用いて経絡を刺激しながら症状の改善を図る中国の伝統療法。治療を受ける際に所定の手続きを行うと、保険の適用が認められることもあります。

さらに、接骨院や整骨院、カイロプラクティックで椎間板ヘルニアの治療を行う人もいます。