「頸椎椎間板ヘルニア」とは

「頸椎椎間板ヘルニア」とは

まず「頸椎」とは、背骨の中で首の部分を構成する骨のことで、7つの椎骨からなります。上から第1頸椎、第2頸椎で、一番下が第7頸椎。第2~7頸椎までそれぞれの間に椎間板が挟まっています。この椎間板は、椎骨と椎骨の間で”クッション”のような働きをしています。そして中心部に髄核と呼ばれるゼリー状の物質があって取り囲むように線維輪と呼ばれる組織があります。頸椎椎間板ヘルニアは、この椎間板の線維輪に亀裂が入ってその中の髄核が飛び出して神経を圧迫してさまざまな神経症状が現れるのが特徴です。30代から50代に最も多いとされています。

もし、椎間板ヘルニアによって神経が圧迫されると、手足の痛みやしびれなどさまざまな症状が出ます。代表的な症状は首の痛みやこりなど。午前中は比較的症状が軽く、午後から夕方になるにつれて症状が強くなります。さらに脊髄が圧迫されているなら、手のしびれが現れます。脚がこわばって歩きにくくなる痙性歩行が現れることも。

神経根が圧迫されると、後頸部から肩、手指にかけて疼痛が主に現れます。この疼痛は、頸部を反らすようにすると強まります。神経根の圧迫がますます増強されるからといわれています。