椎間板ヘルニアの治療「保存療法」について

椎間板ヘルニアの治療「保存療法」について

椎間板ヘルニアの治療には、保存療法と手術とがあります。今回は、椎間板ヘルニアの保存療法を紹介します。

椎間板ヘルニアの保存療法は、急性期と慢性期にわけられます。

まず、急性期の場合、激痛だと安静すること。安静は、痛みが強い時に最もいい治療法です。そして、鎮痛剤(内服、座薬)、筋弛緩剤、ステロイド剤などが処方されます。仙骨硬膜外ブロック、選択的神経ブロック、椎間板内ステロイド注射などの注射が行われ、さらに、痛みで立つこともままならない場合はコルセットを装着することもあり、これによって腹腔内圧が高まって体幹を維持することができます。

一方、亜急性期や慢性期の場合です。我慢できる痛みならば、コルセットを痛みが強い時だけ付けます。そして、ウオーキング、ストレッチ、筋力訓練、水中歩行、腰に負担のかからない泳法などの運動療法を行います。物理療法、たとえば牽引療法、温熱療法、水治療法を行う場合もあり、痛みが強い時のみ鎮痛剤を用います。

なお、水中歩行運動とは、腰痛への負担は軽いものの、水の抵抗に逆らって歩くことで筋肉の強化を図るのが目的。水深が浅いところでは体の負荷は軽くなり、深くなるほど負荷がかかります。自分に合った抵抗負荷のある水深を選びます。そして、口から息を吐きながらお腹を引っ込めるように「腹式呼吸」しながら歩きます。