右が痛い腰痛と椎間板ヘルニアの関係

右が痛い腰痛と椎間板ヘルニアの関係

腰痛には、右側だけが痛い腰痛だったり、左側だけが痛い腰痛だったり、さらに腰の中心が痛い、全体が痛いといった腰痛などさまざまです。そしてそれぞれの腰痛は原因が異なります。

たとえば、右だけが痛い、左だけが痛いという片側腰痛の場合、椎間板ヘルニアが原因であることが多いとされています。なぜ、片側腰痛と椎間板ヘルニアの関係が深いのかというと、椎間板ヘルニアが右側にある神経を圧迫することで右の腰に痛みを引き起こすからにほかなりません。また、左側でも同じことが言えます。

一方、片側だけの腰痛だと余計に心配する人もいます。しかし、片側腰痛はけっこう多い症状です。しかも、原因がほぼハッキリしていますから、病院に早めに受診さえすれば、あなたの腰痛の原因もすぐ分かる可能性があります。腰痛の原因がわかれば、治療がスムーズに、早く治る可能性も出てきます。

もちろん、椎間板ヘルニアのひどい症状にならないために、「たかが腰痛」だと1人で思い込まないことが大事です。