腰痛と思ったら「ヘルニア」だった

腰痛と思ったら「ヘルニア」だった

ヘルニアという症状は、一度は誰でも聞いたことがあるのではないでしょうか。腰痛が原因のヘルニア、正式には「腰椎椎間板ヘルニア」は、繊維輪に亀裂が生じて髄核が飛び出す症状のことをさします。

いったんヘルニアになると非常に痛みが伴い、さらに痺れなどが起きることも。そして、坐骨神経痛、冷感、感覚障害、筋力の低下などの症状が出る場合もあります。若い人にもけっこうヘルニア持ちは多いです。

わかりやすい自覚症状は、長時間立ったり座ったりがつらかったり、30分以上歩くと腰痛を感じたり、痺れが起きたり、さらに前かがみの姿勢がつらかったりなどが挙げられます。さらに悪化すると排尿障害を起こす場合もあるので注意が必要です。

ヘルニアになる原因は、普段からの姿勢が悪い人に多いようです。姿勢を正しくしていれば、ヘルニアを防げるともいわれています。ただ、もともと腰痛持ちの人、腰の弱い人はヘルニアになりやすいのでさらに注意しないといけません。

ヘルニアは、普段の動作を少しずつ改善していくことが可能です。仕事やプライベートで正しい姿勢を心がけることが、ヘルニア予防につながります。