腰椎椎間板ヘルニアの特徴

腰椎椎間板ヘルニアの特徴

腰痛になるとよく聞くヘルニアという言葉。このヘルニアとは、臓器の一部が本来あるあべき腔から逸脱した状態のことを指します。つまり腰椎椎間板ヘルニアは、腰まわりにある椎間板から髄核が飛び出してしまうことです。

腰椎椎間板ヘルニアになると、腰から足先にかけて激しいしびれ、痛み、筋力の低下などが起こります。また、せきやくしゃみをしただけで激痛が走るのもヘルニアの特徴。そして、逸脱した臓器が脊髄神経(神経根)を圧迫することで坐骨神経痛などの症状を引き起こすことも。さらに、ヘルニアがかなりひどい状態になると排尿すらできないこともあります。

特に、ヘルニアは腰を曲げないと痛みで立つことすらできない激しい腰痛、そして下肢の痛みが見られます。一方で、前屈姿勢になったり、イスに腰掛けるとつらいのに横になった途端にマシになったりするのもヘルニアで見られる症状です。

ではなぜ腰椎椎間板ヘルニアになるかというと、中高年に多いのは「加齢」によるものという考えが一般的。髄核が弾力性を失って繊維輪に亀裂が生じて飛び出してしまった結果、ヘルニアになってしまうケースです。ただ、椎間板は20歳を過ぎると衰えていくため、事務や運転、看護などに従事する働き盛りの人々にも見られます。