頚椎椎間板ヘルニアと腰椎椎間板ヘルニアの違い

頚椎椎間板ヘルニアと腰椎椎間板ヘルニアの違い

人間の背骨は24個あります。この中で上から数えて7個までが頚椎です。この頚椎でヘルニアの症状が出ると頚椎椎間板ヘルニアと診断されます。頚椎は、頭のようなとても重い部分を支えているため、腰椎に次ぐ、ヘルニアを最も起こしやすい部分として知られています。

椎間板ヘルニアは「脱出型」「膨隆型」の2種類があります。脱出型は、椎間板のまわりにある髄核を保護する軟骨”繊維輪”にひびが入って髄核が脱出するヘルニア。もう1つの膨隆型は、長い時間の圧迫に耐えかねた髄核が繊維輪を飛び出して神経を圧迫するものです。

そして、頚椎椎間板ヘルニアの原因は、まず「加齢」です。椎間板は人体で最も早く老化が始まる部分であり、頚椎椎間板ヘルニアの発生率は40代を境にして急増します。また、外傷や打撲など外的要因による原因もあります。

一方、頚椎椎間板ヘルニアの症状は、まず首や腕をはじめ上半身の「痛み」です。腰椎椎間板ヘルニアに比べるとやや穏やかなのが特徴。そして、ヘルニアによって神経の伝達がうまくいかなくなって「しびれ」を感じることも。さらに、神経に影響の出る症状ですから、感覚が鈍ってしまうこともあります。その他、頭痛やめまい、視力低下、肩こりなどの症状が見られることもあり、首を回すだけで痛みを感じたりしびれが走ることもあるので注意が必要です。