「頚椎椎間板ヘルニア」って?

「頚椎椎間板ヘルニア」って?

椎間板ヘルニア、その中でも特に「頚椎椎間板ヘルニア」について紹介します。

まず、人間の背骨は24個あります。その中で上から7つを頚椎といいます。もしこの頚椎にヘルニアの症状が出ると、頚椎椎間板ヘルニアと診断されるわけです。頭のような重い部分を支える頚椎は、腰椎の次にヘルニアを起こしやすい部分といわれています。

頚椎椎間板ヘルニアは、腰椎椎間板ヘルニアと同じような原因で起こります。ただ、首という特殊な部分なので、多少の違いもあります。

まず、「加齢」が原因のヘルニアです。椎間板は人間の身体で最も早く老化が始まる部分です。老化した椎間板は水分が減って弾力性がなくなり、衝撃や運動に弱くなります。40代から頚椎椎間板ヘルニアを発症する確率は増え、骨粗しょう症などと合わせるとさらに増加します。また、外傷や打撲などの「外的要因」による原因もあります。

そして、頚椎椎間板ヘルニアの症状ですが、腰椎椎間板ヘルニアと比べると急性ではなくて穏やかなのが特徴です。痛みやしびれが自覚症状です。痛みの場合、上半身のどこかが痛むことが多いようです。また、しびれに関しては、無意識にしびれたり震えたり。sらに、感覚が鈍ったり、頭痛、めまい、肩こり、視力低下などの症状も見られます。