椎間板ヘルニアの主な治療法

椎間板ヘルニアの主な治療法

もし椎間板ヘルニアになったら、まず行われるのが「保存療法」です。

激痛のような急性期の場合、まずは安静です。その後、内服や座薬などの鎮痛剤、筋弛緩剤、ステロイド剤などが投与されます。そして、仙骨硬膜外ブロック・選択的神経ブロック・椎間板内ステロイド注射などの注射が行われることも。さらに、痛みで立つことすらままならない状態だとコルセットの着用を勧められることもあります。

また、我慢できる程度の痛み、亜急性期や慢性期の場合は、まず、コルセットを痛みが強い時だけ装着するのが一般的。その後、ウォーキングやストレッチ、筋力訓練、水中歩行などの運動療法があります。そして、牽引や温熱、水治療法といった物理療法、痛みが強い時のみ鎮痛剤が用いられます。

以上のような治療でも椎間板ヘルニアの治癒が認められない場合、手術療法が用いられます。保存療法を3ヶ月以上行っても痛みやしびれ、筋力低下が改善できないで、さらに日常生活に支障がある時、痛みが我慢出来ない時、肛門障害などが起きたら手術が行われます。直接ヘルニアを除去する方法、椎間板の内圧を減らしてヘルニアを引っ込める方法などがあります。