椎間板ヘルニア 「手術」での治療方法

椎間板ヘルニア 「手術」での治療方法

椎間板ヘルニアの治療には、まず「保存療法」が一般的です。しかし、3ヶ月以上経っても改善の余地が見られない、排尿障害などが出たり、痛みやしびれがひどくて生活に支障が出たりすると手術での治療方法が行われます。手術にもさまざまな種類があります。

まず「レーザー治療」です。椎間板の中心部に残った髄核をレーザーで照射・蒸散することで、神経根を圧迫する椎間板を減圧して症状を軽減させる方法です。短時間で済み、入院の必要がありません。ただし保険適用外で費用がかかります。

また「ラブ法(LOVE法)」もよく知られます。全身麻酔をして背中側から5~6センチほど切開して腰椎の一部を削り、ヘルニアを切除・摘出する目視下で行う手術です。手術時間は30分~1時間程度、1~3週間程度の入院になります。

そして「内視鏡下ヘルニア摘出術(MED法)」は、全身麻酔をし、背部を1.5センチほど切開して内視鏡と外筒管を挿入し、内視鏡の映像を画像モニタで確認しながらヘルニアを摘出する手術です。手術時間は1時間ほど、入院期間は1週間~10日程度です。

「経皮的髄核摘出術(PN法)」は、局所麻酔をして背部に直径4ミリ程度の管を刺して鉗子を入れ、X線透視下で確認しながら椎間板の一部(髄核)を摘出する方法。手術時間は30分~1時間程度、日帰りできることもあります。

さらに、椎弓切除術や脊椎固定術などもあります。