椎間板ヘルニアの手術 レーザー治療編

椎間板ヘルニアの手術 レーザー治療編

椎間板ヘルニアになって、保存療法では治らないと診断されたり、排尿障害など緊急を要したりする状態の場合、手術が行われます。この椎間板ヘルニアの手術で最もメジャーな方法の1つが、レーザー治療です。

レーザー治療は「PLDD」、経皮的レーザー椎間板減圧術と呼ばれています。保存療法と切開手術の中間的治療法にあたります。日本では1992年から行われている手術です。

もし、椎間板ヘルニアになったら、椎間板の内圧が上昇してヘルニア塊が神経を圧迫し、痛みが起こります。レーザー治療は、皮膚の上から数ミリの針を刺して、椎間板中央にある髄核にレーザーを照射していきます。このレーザー照射によって蒸散した髄核は、容量が減少して内圧が下がっていくのを利用して、ヘルニア塊を引っ込めて神経への圧迫を軽くするのが目的です。

そして、この治療にかかる時間は、10分ちょっとです。短いのはメリットですが、椎間板ヘルニアすべてに効果があるとは言えないそうです。もしこの手術を希望するなら、担当医としっかり相談する必要があります。

また、保険の適用外です。約20~40万円の費用がかかるので、この点も知っておかないといけません。

ただし、入院の必要がありません。日帰りできる上、局所麻酔で手術が行われます。身体への負担が少ないのは大きなメリットと言えるでしょう。