椎間板ヘルニアの手術 ラブ法ほか編

椎間板ヘルニアの手術 ラブ法ほか編

椎間板ヘルニアの手術では、レーザーを用いた手術が最もメジャーです。しかし、他の方法もあります。

たとえば「ラブ法(LOVE法)」です。これは、全身麻酔をかけて数センチ切開して、腰椎の一部を削って脊髄神経を圧迫する脱出したヘルニアを切除・摘出する手術。手術時間は30分から1時間程度。通常2日ほど安静、1週間から3週間の入院が必要になります。

また、「内視鏡」視下手術(MED法)もあります。これは全身麻酔をして内視鏡を用いなながらヘルニアを摘出する手術です。背部を1.5~2cmほど切開し、内視鏡と外筒管を挿入して内視鏡の映像をモニターで見ながら髄核を摘出します。手術時間は1時間程度。傷口が小さくて目立ちにくく術後の痛みも軽いです。入院期間は1~2週間ほど。

そして、「顕微鏡」視下手術(MD法)は、全身麻酔をして、こちらは顕微鏡を用いてヘルニアを摘出します。1.5cm~3cmほど切開して、手術時間は40分から1時間程度です。入院期間は1~2週間程度。

さらに、「経皮的」髄核摘出術(PN法)はというと、局所麻酔をしてX線透視下で背中に直径数ミリ程度の管を刺して鉗子を入れ、椎間板の一部(髄核)を摘出する手術です。手術時間は30分~1時間程度。日本ではあまりまだ知られていませんが、欧米では日帰り手術として行われています。