腰痛の痛みを取り除くことを主体とするペイン療法とは

腰痛の痛みを取り除くことを主体とするペイン療法とは

ペイン治療という言葉を聞いたことがあるでしょうか。ペイン治療とはその言葉の通りで、痛みを取り除くことを主体にした治療のことで、代表的な腰痛のひとつである椎間板ヘルニアの治療としても最近はよく聞かれるようになっています。

腰痛の治療は、薬などで痛みを緩和するところから始まる保存療法が中心となります。よく椎間板ヘルニアと診断されると、すぐ手術を行うことになるのではと思っている人もいますが、腰痛で手術が行われるのは、保存療法の効果が一向に見られず、感覚麻痺による排尿障害などがでるほど、症状が悪化しているケースです。

腰痛の治療が保存療法を中心としたものであるということは、殊更いまペイン療法と言われなくても、腰痛治療がもともとペイン療法であるとも考えることができますね。

痛みを取り除くことの重要性

椎間板ヘルニアは積み重なった椎骨のクッションの役割果たしている、髄核が飛び出して神経を圧迫している状態のことを言います。髄核が飛び出しているというケースは決して珍しいものではありませんし、たとえ髄核が飛び出していたとしても、神経を圧迫していなければ、痛みやしびれはありません。椎間板ヘルニアの痛みの原因は髄核が脱出していることにあるのではなく、脱出した髄核が神経を圧迫していることにあるのです。

椎間板ヘルニアの痛みの強さは個人差があり、症状が落ち着くまでの期間も個々に違います。標準的な椎間板ヘルニアであれば、保存療法を3ヶ月ほど継続すると、痛みは落ち着くと言われますが、なかにはいくら治療を続けても痛みが緩和されない方もいるのです。

こうした痛みが長引くケースでは、他の部位にも痛みが広がるケースもあります。痛む部位は筋肉が硬直していることから血流が悪く、他の部位にも痛みをもたらす発痛物質ができやすいからです。腰痛の痛みは次の新たな痛みを連鎖的に引き起こしていく可能性が高いからこそ、腰痛治療では痛みのコントロールが重要視されているわけです。

利用者が増えているPLDDによるレーザー照射治療

椎間板ヘルニアの代表的なペイン療法としては神経ブロックが有名ですが、最近ではレーザーで椎間板を焼くPLDDという治療を受ける方も増えています。

神経ブロックは、腰痛以外の色々な病気にも使える痛みを取り除く治療法です。神経ブロック療法では、痛みを脳に伝える神経に局所麻酔注射をして神経を麻痺させます。神経ブロックは一時的な痛み止めではありませんので、長引く痛みに伴う痛みの連鎖を断ち切ることができます。

またくPLDDは髄核にレーザーを照射し、ほんの数ミリ四方分を蒸散させて椎間板内部に空間を作ります。この空間ができることで、飛び出していた髄核に引き戻しが生じて、圧迫していた神経から髄核が離されるという仕組みの治療法です。
PLDDの利点は、痛みの軽快が早く、翌日からすぐデスクワークにも復帰できるところにあります。仕事を休めない、働き盛りの年代の方には非常に喜ばしいペイン治療と言えるでしょう。ただし、PLDDは自由診療となりますので、費用が高額である点が唯一の難点です(クリニックにもよりますが、約17万円といったところです)。
酷い痛みとしびれに悩まされて、仕事の集中も欠く状態にあった方なら、検討しても良いと思える範囲の金額ではないでしょうか。

ペインクリニックで行われるペイン療法には、これ以外にも温熱療法や電気治療、運動療法、カイロプラクティク、東洋医学療法の鍼灸や漢方薬といったものがあります。なかなか痛みが軽快しないという場合は、痛みを取り除くことに特化したクリニックもありますから受診を検してみると良いでしょう。