椎間板ヘルニア 手術成功の判断

椎間板ヘルニア 手術成功の判断

椎間板ヘルニアを手術を受けて成功すると、原因となっているヘルニアによる神経の圧迫がなくなり、全てではないかもしれませんが劇的に痛みや下肢に感じる違和感は無くなっていると患者自身が実感できます。
この場合、医師が手術は成功しましたと言うと、患者はその言葉を実感で信じることが出来るでしょう。

しかし、時に、医師から手術は成功しましたと言われても、手術直後には症状の変化がない場合があります。
その後、時間が経過するにつれて痛みが軽減していくことがあります。この結果に対して、手術は成功と言えるかと言うと、違うと判断するほうが正しいと言えるでしょう。
医師によっては、手術によってヘルニアが摘出されたら、時間をおかずに症状が消えるのが成功であって、時間をかけて症状が変化するのは、手術でない要因によってたまたま良くなった判断するべきと言う意見があります。
この場合は、安静にしていたこと、薬物療法などで痛みがなくなったのであって、手術で良くなったのではない可能性が高く、退院後、普通の生活に戻ると再発の可能性が高くなります。
ヘルニア手術後、症状がすぐに軽減されていないと、医師がどう言うかは別にして、成功ではなかったと判断したほうが良いようです。