運動療法と椎間板ヘルニア

運動療法と椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアと診断された患者が医師から、運動して腹筋や背筋を鍛えるように指示され、その通りに行った
結果、痛みがひどくなったというケースが見受けられます。
これは、ヘルニアの急性期に運動を行ったから起きる問題です。
ヘルニアの急性期には、患部が炎症を起こしており、そこに運動を行うとかえって炎症を強めます。
常識で考えればすぐに分かることです。足首を捻挫して患部が腫れあがっているときに、足首を鍛えるために、足首に負荷をかければ痛みが倍増するのはすぐ分かります。急性期は安静がもっとも大切です。

また、いくら鎮静剤を服用しても足首に負荷をかけ続けていては、鎮静剤が効かないので、患者は全く治療効果がないと思い込むことがありますが、椎間板ヘルニアは急性期は安静にしていないと治りが遅くなります。
鎮痛剤を飲んでも安静にしていないと鎮静剤が効かないことがあります。

この運動療法は症状が収まった後の、再発防止には非常に有効なので積極的に取り入れることが大切です。医師から積極的に運動しろとは言われないにしても、安静にしないで、仕事・家事に動き回ることはしている可能性があります。注意しましょう。