足が冷たくなる椎間板ヘルニアのわけ

足が冷たくなる椎間板ヘルニアのわけ

椎間板ヘルニアの一般的な症状に、痛み、痺れ、足の冷えがあります。
この足の冷えは神経の障害でおきているのであって、実際に足が冷たくなっている訳ではなく、いろいろな冷え対策を行っても解消しません。

神経の種類には、大きく分けると中枢神経と抹消神経に分けられて、末梢神経は更に運動神経、感覚(知覚)神経、自律神経に分けられます。
運動神経が障害を受けると筋肉の萎縮、低下などが起こり、感覚(知覚)神経が障害を受けると痛みや痺れを感じることになります。
自律神経が障害を受けると足に冷たさを感じたり、むくみなどを引き起こします。
これは、血流が悪くなって冷たさを感じているわけではないので、靴下を履いたりして足を温めても温かさを感じません。神経障害を無くせば症状は解消します。
しかし、神経障害が進むと完全には元に戻らないことがあります。
神経の障害は、出来るだけ早く治療を行わないと、症状が残ることになり、後々まで不快な症状に悩むことになります。