椎間板ヘルニアと保存療法で用いられる薬

椎間板ヘルニアと保存療法で用いられる薬

椎間板ヘルニアでは、その保存療法において鎮痛剤を中心に様々な薬が用いられます。ここでは椎間板ヘルニアの治療薬にどのような薬が使われているのか整理してみたいと思います。

・ミオナール
ミオナールは筋肉のコリをほぐして痛みを緩和する薬で、椎間板ヘルニアなどの腰痛以外にも、頸肩腕症候群、肩関節周囲炎などの筋収縮性が原因に痛みや炎症全般にも効果があります。また骨髄や脳血管などをはじめとする痙性麻痺にも効果があります。

ミオナールは成分名をエペリゾン塩酸塩と言い、同類の鎮痛剤のなかでも穏やかな効き目が特徴で、副作用等の心配も少ないので、長期的に服用しても大きな心配がありません。ただし肝臓に問題がある方は、症状によって慎重に用いるべき薬ですから、過去に検査などで問題を指摘されてことがある方は、医師に伝えておくと良いでしょう。

・ロルカム
ロルカムは成分名をロルノキシカムと言います。ロルカムも鎮痛剤のひとつですが、腫れや炎症の緩和に効果を示す薬で解熱作用もあります。

一般的に椎間板ヘルニアなどの腰痛の他には、関節リウマチ、変形性関節症、頸肩腕症候群、肩関節周囲炎などに用いられるほか、手術、外傷、抜歯などの消炎・鎮痛薬としても使われる薬です。
ロルカムは消炎・鎮痛剤ですから、長く飲み続けることはないと思いますが、やや胃腸に負担がかかるということに注意が必要です。腎臓や肝臓の悪い方は勿論ですが、胃腸の弱い方は、一応医師に伝えておきましょう。

・ボルタレンサポ
ボルタレンサポも鎮痛剤ですが、ミオナール、ロルカムは経口薬であり、ボルタレンサポは坐薬の痛み止めです。薬理的にはロルカムと同じで、炎症や発熱を引き起こす物質「プロスタグランジン」の生合成を抑制します。ただし、坐薬である分、速攻的に作用しますので、急に体温が下がりすぎることもあります。重い副作用はありませんが、喘息やアレルギーのある子どもさんとお年寄りは注意して投与するべき薬です。

また稀に胃を荒らすこともありますので、使用して胃のむかつきなどを実感した場合は、使用を中止して様子をみるようにしてください。

・モーラス
モーラスは、発痛物質「プロスタグランジン」を抑制する効果のある湿布薬で、腰痛や筋肉痛に使用される湿布薬としてはインドメタシンと同様の効能を持ちます。なお光線過敏症のある方は、使用中の戸外の活動は控えるようにします。

・メトカルバモール
メトカルバモールは、骨格筋弛緩作用と弱い鎮静作用を持つ中枢神経抑制薬で、同様の効能を持つ薬として、カリソプロドール、シクロベンザプリン、メタキサロンといった薬もあります(ただしこの3つは、日本では医薬品として認可されていない)。
またベンゾジアゼピン系の緩和精神安定剤にジアゼパムという薬があり、こちらも筋肉の緊張をほぐし、熱性の痙攣をおさえてくれる効果があり、メトカルバモールと同様の効能があります。

これらの薬は椎間板ヘルニアの痛みを鎮めて、筋肉の緊張をほぐすために有効ですが、初期の痛みが引いたら、理学療法などの筋力強化などに移行し、薬に依存するとなく痛みをコントロールしていくことが理想です。風邪で言えば、栄養と体力をつけて抵抗力を取り戻すことと、姿勢を矯正して腰への負担を少ななくし筋力を強化することは同じだということです。