椎間板ヘルニア年齢別の発症率

椎間板ヘルニア年齢別の発症率

椎間板ヘルニアは、20歳から40歳、少し年齢を広げても10台後半から50歳に多い病気と言われています。
激しい痛みを伴うことが多く、症状が慢性化しないように専門医で診断を仰ぐことが大切です。

椎間板ヘルニアの原因となるのは椎間板の変性ですが、20歳代で約30%にも見られるというデータが報告されています。
30歳から40歳では約50%、さらに高齢者になるともう、ほぼ全員に近い約80%以上になります。
一方、別の報告ですが、全発症者に対する年代別の発症率は、10歳代12.3%、 20歳代22.5%、30歳代29.2%、40歳代25% 50歳代9.1% 60歳以上2.0%となっています。
若いほど、椎間板に変性が見られると発症しやすくなることが良く分かります。

椎間板は加齢によって中の水分を保てなくなり、水分が抜けてスカスカになりヘルニアが出やすくなります。
椎間板ヘルニアは、よく可動性の高い脊椎の部分で起こりやすく、高齢者になると可動性が減少し、ヘルニアが起こりにくくなります。