腰椎椎間板ヘルニアのブロック療法と加圧・加熱によるペイン療法

腰椎椎間板ヘルニアのブロック療法と加圧・加熱によるペイン療法

腰椎、椎間板ヘルニアの保存療法には、ペイン療法を組み込むことで、手術を行わずとも痛みを劇的に緩和することも可能です。椎間板ヘルニアのペイン療法としてよく知られているのは神経ブロック注射ですが、加熱や圧力によって髄核の神経圧迫を改善する方法なども行われるようになっています。

腰椎椎間板ヘルニアの神経ブロック

腰椎椎間板ヘルニアの神経痛は椎骨のクッションの役割を果たしている椎間板の組織が飛び出して脊髄や神経根を圧迫してしまうことで発症します。保存療法を続けているのに強い痛みが引かない場合は、神経ブロック療法を1ヶ月から3ヶ月行うと、8割ほどの患者さんで痛みが軽快する実績が出ています。

椎間板ヘルニアの治療で行わる神経ブロックには「硬膜外ブロック療法」と「神経根ブロック療法」があります。

「硬膜外ブロック療法」とは、脊髄を覆っている硬膜と黄色靭帯の間にある隙間(硬膜外腔)に局所麻酔を注入することで、神経の炎症を治める治療法です。「硬膜外ブロック療法」は、「腹部硬膜外ブロック」と「仙骨部硬膜外ブロック」の二種類があり、麻酔注射をする場所が異なります。一般の方は、腰に注射するのが「腹部硬膜外ブロック」で、お尻にするのが「仙骨部硬膜外ブロック」と覚えておくと良いでしょう。

いっぽう「神経根ブロック療法」とは、X線画像を見ながら行うもので、圧迫されている神経患部に対してピンポイントで局所麻酔薬と抗炎症剤を注入するブロック療法です。
また同じようなものに、突出している椎間板をエックス線で確認しながら行う「椎間板造影ブロック療法」もあります。

加圧や加熱によって圧迫を取り除く治療法

神経ブロック療法を用いても神経痛がうまく取り除かれない場合は、髄核自体に加圧し、ヘルニアを移動させたり、細かくしたりしることで圧迫を取り除く「椎間板加圧療法」を行う場合があります。また椎間板が大きくない場合は、特殊な針を用いて、髄核に対し高周波熱による熱を加え、髄核を小さくさせて神経への圧迫を解除する「椎間板内高周波減圧術」もあります。

特殊なペイン療法は、どこの整形でも利用出来るわけではありませんが、痛みを取り除く治療に力を入れている整形外科は増えています。手術しか術がないと考える前に、検討してみると良いでしょう。