椎間板ヘルニア手術の効果

椎間板ヘルニア手術の効果

椎間板ヘルニアは、5年以内に半数以上の人が自然に戻ってしまうことで完治することが多く、手術はひどい筋力低下や排尿障害などが起きていない限り慌て手術しないのが一般的です。
尚、ヘルニアの手術は、手術をすることで現在起きている症状の全て解決できる訳でないことを手術に際して、十分理解しておく必要があります。
手術をしても、痛み、痺れが完全に取れなかったり、筋力が元に戻らないことがあります。
その理由は、椎間板ヘルニアの手術が、今までクッションの役目をしていた椎間板を取り除くことだからです。
つまり、クッションを取り除くことによる弊害が残ります。
従って、椎間板ヘルニアの手術で100%良くなるのは期待しないで、80-90%良くなれば成功と考えたほうが良いでしょう。
そのため、現在の症状に対して、神経ブロックを含む保存療法を行って、その結果、仕事や日常生活に大きな支障がない場合は手術を待っても良いと思われます。
手を尽くしても尚、日常生活に支障が起きているときに手術を選択します。