椎間板ヘルニアの手術治療とラブ手術について

椎間板ヘルニアの手術治療とラブ手術について

腰椎椎間板ヘルニアは、ヘルニアとなっている部分を白血球のマクロファージが貪食して、長期的には縮小していきますが、保存療法でヘルニアを縮小する根治治療はありません。したがって神経障害を考慮に入れて、直腸膀胱障害などで日常生活に支障をきたす症状がある場合は、手術治療を行うことになります。また仕事の関係で、保存療法を継続する時間的な余裕がないという方にも手術が勧められる場合があります。
また神経が圧迫されることで起こる進行性の筋力低下が起きている場合も、手術が考慮されるケースです。

最近の傾向として、内視鏡による手術が普及してきたことで、入院日数や職場復帰が早まる症例も多くなっていますので、仕事を休めないという理由で、手術を見送ってきた方にとっては、良い環境が整いつつあります。

内視鏡を用いた手術が増えてきているものの、椎間板ヘルニアの手術治療は、今もラブ手術が基本となります。
ラブ手術とは、全身麻酔を使用して行なわれる手術で、背中を5センチ程切開して神経を圧迫している髄核を切除するというもので、手術には顕微鏡(内視鏡ではない)が用いられることが増えています。

ラブ手術の手術自体は、1時間以内で終わることが多いのですが、リハビリなどの術後療法を含めて2週間ほどの入院が通常必要となります。

なおラブ手術と内視鏡術では、どちらが手術成績が良いか、気になるところかと思います。
相対的な比較に過ぎませんが、長期的にはどちらも同じぐらいの手術成績であると考えられています。ただし内視鏡術は、切る範囲が小さいので術後の疼痛は圧倒的に少なくなります。欠点としては硬膜損傷と術後血腫が多くみられることがあげられています。

椎間板ヘルニアは手術によって疼痛が確実に軽減されますが、症状によっては、軽度の症状は残存することを理解しておく必要があります。