椎間板ヘルニアのレーザー治療の有効性について

椎間板ヘルニアのレーザー治療の有効性について

椎間板ヘルニアは、ヘルニアのタイプによって自然縮小が期待できるわけですが、日常生活に支障をきたす場合は手術が検討されます。また従事している仕事などの関係から、保存療法に専念できない場合なども手術が検討されるケースとなります。
ただし早期に仕事復帰する必要があっても手術後の入院やリハビリがあることから、手術も選択できないという方には、内視鏡を使用したレーザー治療が選択される場合があります。

内視鏡を使用したレーザー治療では、入院が日帰りか1日で済み、傷口も2,3ミリで体への負担も最小におさえられるメリットがあります。ただし、レーザー治療が適用できる患者さんは限られており、希望者の半分以上は適用外となります。早く社会(仕事)復帰できるレーザー治療ですが、どのようなケースでも利用できるわけではないということは理解しておかなければなりません。

レーザー治療はレーザーを照射することで除圧する方法ですから、椎間板が靭帯に囲まれていているような椎間板内の圧が高い場合に治療効果が期待できるわけです。それが、ヘルニアがすでに靭帯を破っているような圧の低い案件では、レーザー治療による除圧効果は期待できません。レーザー治療による除圧が行なえないというのは、このようなケースが含まれます。

なおレーザー治療では、照射後の残骸物は、レーザー照射と同時に送り込まれる水で還流させて洗い流します。レーザー照射治療の有効性は高く術後2年経過しても8割弱の有効性が維持されています。
ただし逆に言うと、施術しても100%有効ではないことになりますので、また医師もレーザー治療が有効と考えられない場合は、この治療を選択しません。

これまでの手術上のデメリットを覆す治療法ですが、有効性は100ではないこと、患者の選択も慎重になされているということを理解しておく必要があります。