腰椎椎間板ヘルニアのリハビリに最適な複式呼吸

腰椎椎間板ヘルニアのリハビリに最適な複式呼吸

腰椎椎間板ヘルニアにリハビリなどで医師からも指導を受けるのが、腹筋や背筋を鍛えることです。腹筋や背筋を鍛えると、体を支える背骨の負担が軽減されますから再発防止のためにも有効なものです。筋力強化は、椎間板ヘルニアにかぎらずすべての腰痛のリハビリに推奨されるものといえるでしょう。

ただし腹筋や背筋運動は、慣れてくるまでそれなりの体力が必要ですし、どこでもところかまわずできることではありません。また椎間板ヘルニアの痛みがあるうちは、こうした運動はできませんので、やろうと思っても、やる機会が次第に減っていき、最終的には全くやらなくなるということになってしまいがちです。

そこで椎間板ヘルニアのリハビリに取り入れてほしいのが腹式呼吸です。腹式呼吸を知らないひとはいないと思いますが、腹式呼吸は腹腔内圧を高めて腹筋を強化してくれるということに気づいているひとは少ないのではないでしょうか。つまり腹筋運動だけが筋力強化の方法ではないということです。

しかも腹式呼吸は多少痛みがあっても行えますし、通勤途中の電車のなかでも、昼休みでも、誰にも気付かれずにできてしまいます。これほど便利な筋力強化法はないのではないでしょうか。

腹式呼吸とは、横隔膜を上下させる呼吸法ですが、そのやり方はいたって簡単です。へその下にある丹田というツボを意識しながら、お腹をへこませながら、一度息を口から吐ききってしまいます。これ以上吐き出す空気がなくなるぐらい目一杯息を吐いたら、今度は静かにゆっくりと鼻から息を吸いながら、お腹を膨らませていきます。これ以上吸えないぐらいまで息を吸ったら、また静かに口から息を吐き出していき、最終的にお腹がぺちゃんこになるまで吐ききります。ただこれを繰り返すだけです。

複式呼吸は、1日のなかで10分ぐらい行なうと良いと言われていますが、はじめはそのようなことは気にしないで、気がついた時に随時おこない、やる癖をつけることが大事でしょう。

複式呼吸は腹腔内圧を高めて腹筋を強化する以外にも、さまざまな効用があります。リラックスして集中力が高まることもそうですが、循環器系が鍛えられて血液の循環も良くなりますので、除痛効果も期待できます。通常の筋力強化とともに複式呼吸を習慣づけてみてはいかがでしょうか。