腰椎椎間板ヘルニアと梨状筋症候群 誤診の問題

腰椎椎間板ヘルニアと梨状筋症候群 誤診の問題

梨状筋症候群は、お尻にある筋肉でお尻の内部、奥の方にあり、この筋肉が緊張することで血行不良が起こり、お尻から股関節、大腿部の後ろと腰椎椎間板ヘルニアと同じような箇所に痛みを生じさせます。
また、この梨状筋のすぐそばを通っている坐骨神経を刺激するために、梨状筋症候群は坐骨神経痛の一つとも言えます。

坐骨神経痛は病名ではなく症状名ですが、梨状筋症候群と腰椎椎間板ヘルニアでは原因が異なるので、誤診されて治療を受けても症状が改善されないことが起こります。
梨状筋症候群は、お尻を圧迫するような姿勢で痛みが強くなるのが特徴です。
腰椎椎間板ヘルニアと診断されて治療を受けても、症状がなかなか改善しない場合で、上記のような箇所、姿勢で痛みがあるようなら、梨状筋症候群を疑って、梨状筋の緊張の緩和を施術するような治療を受けてみると改善する可能性があります。
その際、鍼治療は深いところにある梨状筋を刺激し緊張を緩和させることに適しています。

個人差や痛みが複合して起こっていると、梨状筋の緊張を緩和させるだけでは完全に症状が治まらないこともありますが、試してみる価値はあるでしょう。