椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の手術タイミング

椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の手術タイミング

腰痛の症状の解消の最終手段として手術が検討されることになりますが、手術を行っても完全に腰や下肢の痛み、痺れなどの症状が消えないことがあり得ます。
手術もタイミングを誤って行うと十分な効果が得られません。
また、手術のリスクを抑えるためにも適切なタイミングの時期を選ぶ必要があります。

全てではないですが、手術に適したタイミングを逃すと手術の効果が低くなる可能性が高まります。
手術タイミングを延ばす理由には、ひとつは手術を嫌い我慢して手術を延期するが、痛みに耐えきれず止むを得ず手術するケースがあります。
また、症状が緩和しないと治療を途中で、患者自身が自己判断で止めてしまうことでタイミングを逸してしまうことが考えられます。

では、なぜ手術のタイミングを遅くすると良い効果が得られないのでしょうか。
それは、神経を圧迫している期間が長くなると、手術によって神経の圧迫を取り除いても、神経が傷んでしまって機能が完全に回復しないからです。
例えば、弾力のあるゴムも常に大きな力で長期間引っ張られ続ける、または圧迫され続けていると弾力を失って元の弾力のあるゴムの特性がなくなるようなことが神経にも起こるからです。

薬物治療、運動療法、理学療法、マッサージ療法、ブロック注射などの保存療法を長期間続けても症状が改善しない場合や、痛みなどの症状がひどくなっていく場合は、手術のタイミングを逃さないことが重要になってきます。