腰椎椎間板ヘルニアの好発年齢

腰椎椎間板ヘルニアの好発年齢

腰椎椎間板ヘルニアを発症しやすいのは高齢者なのかと思っていたら、意外と若くて20歳から40歳代なのだそうです。

次いで10代、そして50歳以上のようです。ヘルニアが出現しやすい場所は、第4、第5腰椎の間、それと第5腰椎と仙椎の間です。10代や20代の若い人が、腰椎椎間板ヘルニアを発症する要因としてスポーツがあります。

日常生活でもそうですが、激しいスポーツの動作で腰部位には大きな負荷を受けやすく、姿勢では、前屈姿勢と捻り動作による負荷が重なった時には注意が必要です。そのような状態を継続することでヘルニアの出現率が高まります。若い人で、腰部に急激な痛みを感じた時には、患部を冷却しエビ型の姿勢で安静にすることが大事です。

また、スポーツをする人に多い故障に、仙骨から足の付け根までを支えている筋肉の炎症や過度の筋緊張から痛みが出現する「梨状筋症候群」があります。やはり、若いからと言って無理は禁物で、腰に負担のかかる姿勢を長時間しないこと、重い物を持ち上げる時は態勢に気をつけること、過度の負荷を掛けないこと、体重のコントロールに気をつけることなど、基本的なことを実践していくことが何よりの予防です。

激しい動きのために、腰部椎骨を支える筋肉や靱帯の炎症から、急激に腰痛が出現することも多くありますが、とにかく腰痛を感じた時には、患部の冷却と安静が予後を決定します。

円盤投げやウェイトリフティングの選手が用いる腰ベルトには、重要な意味があるのです。

骨が未だ十分に発達していなうちに激しいスポーツをしている、中学生や高校生に多くみられる「腰椎分離症」は疲労骨折から発症します。予防としては、腰椎周辺の筋肉のバランスと柔らかさを保つための軽いストレッチが効果的のようです。腰部に痛みを感じた時には、医師に診せて無理をしないことが大事です。

高齢者の場合は、椎間板の変形や骨粗鬆症による骨のもろさも加わり、特に誘発要因がなくても痛みが発症することもあります。脊柱管狭窄症などが合併し発症することもあります。