座骨神経痛は病名ではない?

座骨神経痛は病名ではない?

座骨神経痛というのは、いろいろな要因によって座骨神経が刺激されることにより発症する痛みのことで、病名ではなく症状を意味しています。

考えられる要因は、座骨神経の圧迫、梨状筋症候群、椎間板ヘルニア、腰椎辷り症、腰部脊椎管狭窄症などがあります。

痛みの部位は、ももの後面やふくらはぎが多く、下肢が腫れる、感覚が鈍くなる、歩くことに支障が出てくるなど、日常生活にも影響が出てきますので、きちんと原因を突き止めることが大事です。

座骨神経というのは、骨盤の後部、腰仙骨神経叢のうちのひとつの長い神経です。そして、座骨神経を構成するのは第4~第5腰神経と第1~第2仙骨神経となっています。さらに、座骨神経は、仙骨神経叢を出て梨状筋を通り大座孔(骨盤と靱帯の間)をくぐり抜けて、梨状筋に沿って下肢に伸びていき、運動神経や感覚神経を足や皮膚に出しています。人間の神経のなかでは一番太くて長いとされている座骨神経は、梨状筋を貫くように走るか梨状筋を挟むように走っています。

座骨神経痛は、骨盤損傷や腰椎下部のヘルニア、腫瘍、骨の異常などから神経圧迫障害を受け座骨神経痛が発症し易くなります。また、臀部に注射をする時に針が神経に触ったため、座骨神経の損傷や麻痺が生じることもあるようです。

座骨神経痛の症状は、腰の痛み、臀部の痛み、大腿部裏側の痛み、前屈みや後ろに反ることができない、痛みによる歩行障害、足感覚の鈍麻などが、通常は左右どちらかにみられますが、左右どちらもと言うことになると重症である可能性が大きいようです。いずれにしても、たいしたことはないなどと思わずに、原因を明確にしておくことが重要かと思われます。