椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアとは、 腰椎椎間板が突出し、脊髄中枢あるいは末梢神経を圧迫しているため、激しい腰痛や下肢のしびれ、坐骨神経痛などをひき起こしている病気の事をいいます。

椎間板とは、背骨の椎体と椎体の間に存在していて背骨のクッションの役目を果たしている軟骨のことで、繊維輪軟骨(周辺の部分)と髄核(中心部分)で構成されています。
椎間板ヘルニアは何らかの要因によって、その繊維輪が圧排され髄核がとび出してきた状態になっていることをいいます。

「椎間板ヘルニア」は所謂腰痛なのですが、「ぎっくり腰」や「坐骨神経痛」といった「症状名」とは違って、れっきとした「病名」であり、腰痛による痛みと神経を圧迫することによって起きる痺れを同時に伴うのが特徴です。

二足歩行の人間は椎間板には多くの負荷がかかってしまうので、椎間板ヘルニアを発症しやすくなるのです。

腰痛を発症した際に病院で検査を受けますが、X線検査は脊椎の骨性変化を見るのには有用なのですが、椎間板ヘルニアそのものはX線に写りません。
そのため、現在では一般に侵襲性が無く、容易に画像上でヘルニア形態を把握できるMRI検査によって診断されています。