椎間板ヘルニアを改善する運動について 

椎間板ヘルニアを改善する運動について 

椎間板ヘルニアと座骨神経痛の痛みを改善する運動について説明をします。しかし、痛みと発生する部位に個人差がありますので、ご自分に合う運動をみつけて実行してみてください。

A:壁押し運動

壁に対して平行にたちながら、両足を前後に大きく開きます。そして、壁を押しながら、腰をゆっくりそらしていきます。10回行います。

B:股関節を柔らかくするストレッチ方法

最初は立ったままですが、ゆっくり床に片ひざを立てていきます。もう一方の膝を後ろについていきながら、ゆっくりと片膝を立てた足に体重をかけて、腰を伸ばしていきます。10回行います。

C:壁押し運動について

壁に対して平行にたちながら、両足を前後に大きく開きます。そして、壁を押しながら、腰をゆっくりそらしていきます。10回行います。

D:座骨神経痛のストレッチ方法

床に立ち、椅子の背もたれの方を右手側にします。次に右手で身体を支えます。右足をある程度突っ張るところまで後ろへ引いていきます。そのときに決して右足を曲げてはいけません。

その後、左ひざを曲げながら腰をゆっくり落としています。このとき重要なことは、右足は伸ばしたままの状態を維持することです。これを左右10回繰り返します。