背骨の構造

背骨の構造

背骨の構造について簡単に説明します。

人間の身体は、特に背骨=脊椎は、頚椎:7個、胸椎:12個、腰椎:5個、仙椎:5個、尾椎:3個~5個という部位から成り立っています。全部では32個~34個となりますが、尾椎には個人差があります。背骨=脊椎の中には、脊髄が通っていますが、この背骨の役割は、大きな意味では二つほどあります。

一つは、クッションの役割となります。この意味は、背骨は緩やかにS字カーブになっています。そして、椎骨と椎間板が交互に重なりあいながら、外部からの衝撃、身体の負荷などを和らげる役割をもっています。

二つめは、二本脚で歩くことによる身体のバランスを保つ機能です。緩やかにS字カーブでバランスをとることになりますが、これが二つめの役割となります。以上が、背骨の大きな役割となります。

余談ですが、腰部への負担が少ない角度というものがあり、それは、第五腰椎と仙骨が30度で保たれることで、負担が少なくなるということです。