腰椎椎間板ヘルニアによる足の痺れ

腰椎椎間板ヘルニアによる足の痺れ

加齢に伴い、神経の通り道が狭くなる脊柱管狭窄や腰椎症・腰椎椎間板ヘルニアになると足のしびれが症状となってあらわれてきます。

腰が原因で起こる足のしびれや痛みは、座骨神経痛として知られています。
腰椎と腰椎との間をつないで、クッションのような役割を果たしている軟骨を椎間板といいます。

人間の骨は年齢と共にもろくなっていき、特に椎間板は20歳を超える頃から老化が始まり、弾力性が失われていきます。

老化やカルシュウム不足のために起こる骨粗しょう症などが原因でもろくなった椎間板は、ちょっとした衝撃で線維輪が破れて髄核が飛び出し、腰椎椎間板ヘルニアとなり神経根を圧迫してしまいます。

座骨神経痛は神経根が圧迫されるために激痛や痺れの症状となって表れてきます。
座骨神経痛は、腰痛に伴い片側のおしりから太ももの裏、足のふくらはぎの裏から外側にかけてしびれや痛みを感じます。

足のしびれや痛みで足の親指をそり返す力が弱くなった場合にも、腰椎椎間板ヘルニアの症状と考えられます。
身体の片側だけに症状が現れるのが特徴で、症状が進行するとしびれや痛みのある側の足の筋力が落ちていきます。

腰椎症や腰椎椎間板ヘルニアは、神経分布に沿ってしびれや痛みを起こすため、しびれや痛みの部位から腰椎や脊髄のどの部位で圧迫が起こっているかの診断が可能となります
神経が脊髄から出た後の末梢神経に障害がある場合では、腕や足の長軸に沿って縦方向にしびれや痛みが起こってきます。

足のしびれは「脳梗塞」「脳出血」「腫瘍」などの前兆の症状として出ることがありますので、正座以外で足がしびれる場合は医師の診断を受けることをお勧めします。