椎間板ヘルニアと血流障害

椎間板ヘルニアと血流障害

椎間板ヘルニアは、椎間板の線維輪が損傷して髄核が脱出し、その脱出した髄核が脊髄神経や神経根を圧迫刺激して痛みや痺れなどを発症する病気です。

発症が30代から50代に多いことから、椎間板ヘルニアの原因は加齢によるものだと思われていますが、高齢の方全てが椎間板ヘルニアになるわけではないし、原因は加齢のみではありません。

最近は特に若い患者も大変増えているようです。
椎間板ヘルニアは血流障害に起因する事も多いようです。

血流障害は、頸椎や腰椎を支えている骨格筋や椎間板への栄養不足を招き、日々の頸椎の運動負荷や、二足歩行による腰椎の負担の大きさに椎間板が耐えきれなくなり、ヘルニアになってしまうのです。

血流障害の原因は、脊椎や骨盤のズレによるものや、筋肉の硬直からくる「冷え」などが考えられます。

椎間板ヘルニアにおける痛みの正体は、骨盤のズレによって引き起こされる筋肉の萎縮による坐骨神経への血流不足です。
筋肉の委縮度合いが大きいと、痛みも比例して大きくなります。
痛みの程度は筋肉のちぢみの範囲にも大きく関係します。
また「冷え」はやはり血流不全を起こし坐骨神経を酸欠状態にしてしまいます。

脊椎や骨盤のズレを矯正し血流障害を改善することにより、骨盤周囲の筋肉は柔軟性を増し、患部の関節は可動域を増してスムーズな動きになっていて、同時に痛みも解消されていきます。

できなかった前屈・後屈運動がわずかながらできるようになると、柔軟性を増した患部は血流量を増大させ、新陳代謝を盛んして、炎症を治めてくれます。