椎間板ヘルニアとペインクリニック

椎間板ヘルニアとペインクリニック

ペインクリニックとは痛みを減らす治療を専門とする診療科です。

「ペイン=痛み」に対して働きかける「専門医」であり、局所麻酔を用いた即効性のある鎮痛を目的として治療することが最大の特徴で、おもに麻酔科の医師が行っています。

「痛みを引き起こす原因」に対して適切な処置を行わなくては、結局はまた同じ事を繰り返してしまいます。(いわゆる再発)

故に治療とは、なぜその痛みが起こるのか(痛みのメカニズム)をしっかりと把握し、因果関係を絞り込む事が非常に重要な第一歩となってきます。

腰椎椎間板ヘルニアの多くは、時とともに自然治癒していくものですが、症状がきつく歩行が困難であったり、仕事も辛くてできないという患者さんは、ペインクリニックや整形外科の受診が必要です。

腰椎椎間板ヘルニアの痛みをしのぐには神経ブロックが有効で、ペインクリニックの代表的な治療法は「神経ブロック」です。

これは細い針を背中から入れ、脊髄近くの硬膜外腔と呼ぶ隙間や、その的になる交換神経、傷んだ神経の根本に局所麻酔薬を注入する方法です。

神経に働きかけて、痛みの伝わりを遮断・ブロックするという治療ですので、医師には技術の高さが求められ、麻酔の専門家である麻酔科の医師が行うのが通常です。

神経ブロックにより痛みの原因である神経の炎症は抑えられ、血流もよくなるので治癒が早くなります。

神経ブロック後にヘルニアによる神経圧迫が残っていても、炎症が落ち着くので痛みは軽減していきます。

ペインクリニックの治療は、根本的な病気の治療にはなりえない事もありますが、痛みのためにまともな生活も送れない患者にとっては即効性のある鎮痛治療はありがたいものです。

ペインクリニックは、痛みの苦痛から患者を解き放つ医療ですが、自律神経を調整し交感神経、副交感の振幅バランスを取る治療も行っています。

という事はペインクリニックでは「鎮痛」「根本対処」の2段階治療が可能で、それが本来の流れと言えるでしょう。

現在、日本には約1,400人以上のペインクリニック専門医がいますが、腰痛が国民的な病気という事も考えれば、まだまだ十分だとはいえません。